She has pink lips

体験入店で決めよう

a woman has fresh smile

体験入店と本入店、2段階のステップで入店できるというのが、川崎のガールズバーの特徴です。
求人に応募して、面接を受けて採用されて、そのあとですぐ本入店が決まるのではなく、まずは体験入店をしてお店の雰囲気を掴んだり、仕事が本当に楽なのかどうか、確かめることが出来るのです。
求人情報を見て想像するガールズバーと、実際に働くガールズバーとが、違うということもあるかもしれません。
ポジティブな意味で違うということもあるでしょうし、逆の意味で違うという場合だってあるかもしれません。でも、逆の意味で違ったとき、せっかく採用してもらったお店に「やっぱり辞めます」なんて言えない……という気持ちになってしまう責任感の大きな女の子も、いるでしょう。
そこで、川崎のガールズバー業界で考えられたのが、本入店の前にある体験入店というステップ。求人に応募して面接を受けて、「採用するけど、どう?体験入店してみる?」と聞かれて、「はい」といえば、その日、あるいは翌日、お店の仕事をとりあえずやってみて、その感触を確かめることが出来ます。もし、感触があまり良くないというのであれば、そのときに「本入店は辞めます」と言えるわけです。
ガールズバーのほうでも、もしかしたら女の子は本入店しないかもしれないと分かっているので、すんなり気持ちよく辞めさせてくれます。
川崎にはたくさんのガールズバーがあるので、いろんなガールズバーの求人に応募してみて、とりあえず川崎中のお店を体験してみて、良さそうなお店に本入店するというのも、賢い方法かもしれません。
体験入店でも、もちろん数千円の時給は出ます。